無垢材へのこだわり

MIZDAS ミズダス

「MIZDAS(ミズダス)」で管理された木材を使ったミライエの家造り

ミライエでは、住友林業株式会社が開発した木材乾燥工程管理システム「MIZDAS」で管理された木材を材料として使用しています(※一部を除く)。
住友林業株式会社の「MIZDAS(ミズダス)」は新機能を追加し、従来の乾燥条件を制御する機能の向上・改良、木材の割れを抑制する高精度の乾燥技術を乾燥条件を制御する機能の向上・改良、さらには従来に増して木材の割れを抑制する高精度の乾燥技術を用いることで、木材の収縮、膨張を直接計測する機能を付加し、乾燥中に起こる木材の割れの発生タイミングを事前に把握することで、割れを抑 えます。これにより、高品質で価格面でも優位性のある構造用木材の供給が可能になりました。
杉・檜などの背割りのない芯持ち角材は乾燥中に材面割れが起こるため、住友林業株式会社筑波研究所で研究開発を進め、平成12 年10 月、木材内部の含水率と材温計測のセンサー方式を用いた乾燥工程管理によって高温乾燥の効率的な技術を確立致しました。木材に取り付けたセンサーにより乾 燥状態をリアルタイムに測定し、温度・湿度・風速の適正条件を乾燥炉内につくり、短時間で含水率15%以下の高品質乾燥材を供給するシステムです。乾燥中の木材の収縮・膨張をモニタリングすることに成功し、従来の含水率と材温の計測に、新たに収縮・膨張を計測する機能を付加して、より高精度の乾 燥技術を実現しました。

■ ミズダス新機能のしくみ・特徴

乾燥中の木材の収縮・膨張を計測することと、現行のミズダスで行っている含水率・材温と照合することを合体させて、割れの 発生を抑制しながら効率的に乾燥する制御システムです。
含水率・材温は乾燥中の木材の乾燥度を直接に計測していますが、割れの発生となる乾燥中の木材の収縮は乾燥度から推測する 間接的情報です。乾燥中の木材の直接的情報を得ることにより、乾燥度と挙動(収縮・膨張)を把握して高精度な乾燥制御が可能 となります。

■ 従来のミズダスとの違い

スギ芯持ち柱材、ヒノキ芯持ち柱材など乾燥による割れを抑制するには高温乾燥による方法が有効でした。ミズダスに新機能を 付加することによって、割れを抑制することの制御がより高度になり、高温度(100 ~ 120℃)の乾燥持続時間を短縮して、中温 度(60 ~ 90℃)の乾燥工程の適用を乾燥スケジュールに取り入れて効率的に乾燥することが可能となりました。つまり、高温乾 燥と中温乾燥の特長を生かしたハイブリッド(併合・複合)木材乾燥です。 ミズダスは高温乾燥から、高中温の木材乾燥工程管理 システムとしてバージョンアップいたしました。

■ 新機能が付加されたことによるメリット

割れの低減、ねじれ、反りなどの変形の減少、木材の生地色の退色の減少などによる、乾燥材の歩留まり向上及び高品質化が見 込まれます。

やさしい無垢にしませんか。ピノアースシリーズ

優しい肌触り、柔らかな風合い。
「無垢ピノアースシリーズ」は、木肌の美しさをさらに引き出し、
より人肌に優しい浮造り仕上げを施しました。
木にこだわる「ウッドワン」だからできた、自信のシリーズです。

無垢ならではの深い味わい。
それはひとつとして同じもののない、意匠にこそあります。
人智の遠く及ばぬ自然の営みから生み出された、
その木の表情こそが、古くから人々を魅了し続けてきました。
無垢だけが持つその価値にこだわり、その魅力を最大限に引き出すために。
ウッドワンは木を育て、無垢を生かす技と術を磨いています。

木目の素材感を際立たせる「浮造り仕上げ」。

透き通った柔らかな色合い、光を優しく照り返す艶。手にしっかりと馴染む感触。そんな無垢ならではの魅力を最大限に引き出すには、高い技術と経験が欠かせません。繊細な素材であるが故に、仕上げの僅かな差で表情が大きく変わってくるからです。ウッドワンは木を知り尽くしたパイオニアとして、先端の加工技術を練磨。伝統の技が活きる「浮造り仕上げ」は、木目を立体的に浮き立たせることで木肌の美しさや素材感を引き出し、無垢材ならではの風合いがいっそう際立ちます。

無垢材へのこだわり ピノアースシリーズ 無垢のあたたかさ

木取りへのこだわりが生む木目の美と質。

丸太を加工する際に、のこをどう挽くかによって、木肌に現れる木目の模様は異なってきます。木目がほぼ平行に並んでいるのが「柾目」で、反りにくく狂いが少ないという木の性質も持ちあわせています。一般的に建具で使用する無垢材には、力強く雄々しい「板目取り」のものより、端正で落ち着いた表情が楽しめる「柾目取り」のものが好まれる傾向にあります。ウッドワンでは、こうした木目の美しさにこだわり、また素材の個性を組み合わせて、無垢の魅力がいきる製品をつくりあげています。

自然の造形美。ウッドワンの結晶。

ニュージーパインの大木を中心から切り落とし、仕上げた無垢――本物。30 数年を生き抜いてきた力強さが表情に現れた逸品です。これほどの厚みと長さの一枚物をお届けできるのは、無垢にこだわるウッドワンだけです。

無垢材へのこだわり ピノアースシリーズ 無垢の快適さ

時とともに無垢はその木肌の色合いを深めていきます。この色の変化を経年美化といい、無垢の細胞内に含まれている樹脂(ヤニ等)が時間の経過とともに表面に浮き出てくることから起こります。変化する色合いは含まれる樹脂の量で異なり、無垢の厚みが大きいほど、深い飴色へ変化する様子を味わえます。

色の変化について

基材のニュージーパインが時を経るほどに、あめ色に変化して味わいを増していきます。木の特徴としてご理解、お楽しみいただますようお願いいたします。

【ご注意】
特に自然塗料ホワイト色に関しては、色の程度の変化によっては再塗装しても元のホワイト色に戻らないことがあります。

無垢材へのこだわり ピノアースシリーズ 無垢の快適さ

木は自然の営みから生まれた天然資源です。そのため木目や色合いが一つ一つ違い、塗装の色合いや質感などに差が出ることがありますが、それらの組み合わせにより木の持つ心地よさや安らぎを感じることができます。また、限りある資源を有効に活用するため、多少の節や入り皮、交錯木理(=なわ目) が入ることがあります。

ヤニスジ・ヤニつぼ
樹脂が材の中に染み込んで、線状に現れたものや、樹脂が溜まったもの。穴のあいていないものは長さ250m/m 程度のものは入ります。

あて
樹木の生長段階で、材が傾いている状態から、まっすぐに直るときに発生する組織。


樹幹の肥大成長により、その材中に包み込まれた枝の基部をいう。廻りの色の差があるものについても直径20m/m 程度のものは入ります。

入り皮
傷ついた部分の樹皮が巻き込まれたもの。5×150m/m 程度のものは入ります。

ピースの色差
集成材において、材による色差があるものが入る場合があります。

節かげ(交走木理)
節の周りの組織であり、柾目の場合、木目と直行方向に筋が入ったように見えるもの。

無垢材へのこだわり ピノアースシリーズ 無垢の快適さ

木にはほかの素材に比べて熱を伝えにくいという性質があります。多孔性である木は、その微小空間の中に熱伝導率がゼロに近い空気をたくさん封じ込めている上に、熱を伝えにくい構造を持っているため、金属のようにヒヤリとせず、ぬくもりのある優しい感触を私たちに与えてくれるのです。

無垢の木には、ある程度まで乾燥すると、周囲の水分を吸放出して自らの水分を保とうとする性質があります。たとえば周囲の湿度が高い時には空気中の水分を吸収し、空気が乾燥して湿度が低い時には自らの水分を放出することで、常に60%前後の湿度に調節してくれます。これを調湿作用と呼び、木が建材として加工された後もしっかりと生きている証拠でもあります。このため無垢材を使用した室内では、湿度の変動を抑え、結露の少ない、快適で健康的な空間を作り出すことができます。ち なみに60%前後の湿度は、人が快適に過ごせ、カビやダニ、ウイルスが発生しにくい湿度でもあります。

無垢材へのこだわり ピノアースシリーズ 無垢の快適さ

無垢材ならではの自然の優しさを活かすために、塗装には、アマニ油や紅花油など植物性の原料を中心とした安全性の高い塗料を使用しています。トルエンやキシレンなどの有害な石油系化学物質を含まない自然健康塗料です。そのため、有害な化学物質が引き起こすシックハウス症候群や化学物質過敏症の原因とならず、室内空気汚染の心配もありません。さらに、自然健康塗料は浸透性があり、表面に塗膜を形成しないので木の通気性を保て、調湿性など、木本来の優れた特性が損なわれることがありません。

カラーバリエーションは、自然塗料の特徴を際立たせる木目が映えるナチュラルな「自然塗料クリア色」、心なごむ優しい印象の「自然塗料ハニーブラウン色」、シンプルでクールな印象の「自然塗料ホワイト色」の3 色。無垢材のもつ自然な色合いを引き立てるカラーバリエーションです。和風インテリアにも、洋風インテリアにも調和します。

無垢材へのこだわり ピノアースシリーズ 木と安心

安心してすごせる住まいづくりのために、すべての商品をホルムアルデヒド発散に関する最高等級「F☆☆☆☆」へ切り替えています。
お客様の夢を実現した住まいに、より安心して暮らしていただける商品をお届けしています。

健やかな毎日を創り出すために厳しい「健康基準」をクリア。

■ウッドワンの商品はすべて「F☆☆☆☆」製品

ウッドワンの商品は、すべて「F☆☆☆☆」製品です。これは快適な住空間をご提供するメーカーとしての基本姿勢であると考えます。あくまでも住まう方のために、「健康基準」をクリアしています。

ホルムアルデヒド基準値以下の製品

JAS 規格、JIS 規格、国土交通大臣認定制度によりホルムアルデヒド放散等級「F☆☆☆☆」の認定を受けたもの。(告示対象外製品を含む)

規制対象となる化学物質を含まないウッドワン商品。

居室のある建物は、シックハウス症候群を引き起こす原因物質の1 つといわれているクロルピリホスを添加した建材の使用が禁止されています。また、室内に面する部分にホルムアルデヒドを発散するおそれのある建築材料を使用する場合、定められた等級に該当しないものも使用禁止されています。ウッドワンでは、ホルムアルデヒドを含まない接着剤を採用することで、安全性の高い製品をラインナップしています。

「4VOC 基準適合」の表示を行い、
VOC による室内空気汚染の影響が小さい製品をお選びいただけるようにしています。

2003 年7 月の建築基準法改正でホルムアルデヒド、クロルピリホスの使用が規制された後、(一財)建材試験センターが、学識経験者、業界関係者からなる「建材からのVOC 放散速度基準化研究会」を設立し、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの4 つのVOC(以下「4VOC」と記載)について、試験方法と基準値を定めた「建材からのVOC放散速度基準」を制定しました。これを受けて、(一社)日本建材・住宅設備産業協会(以下「建産協」と記載)をはじめとする各業界団体では、木質建材等に関するVOC 自主表示制度の運用を順次開始しました。
また、2009 年6 月には化学物質による室内空気汚染の防止を目的とし、お客様が製品を選ぶ際の目安とすることを目的とした「住宅 部品VOC 表示ガイドライン」が業界のガイドラインとして制定されました。ウッドワンではこの建産協の「化粧板等の4VOC 放散に

無垢材へのこだわり ピノアースシリーズ 品質と管理

ウッドワンでは徹底した商品管理を行っています。いかに豊かな木質感あふれる商品をご提供しても、その品質が損なわれていては意味がありません。
本物に応える徹底した品質管理。そのための認証の取得はウッドワンの自信の証です。

「ISO14001」取得や環境レポートの作成。

2001 年4 月に「ISO14001」を国内の営業所・工場など全52 サイトにおいて認証を取得。営業車のLEV 車への切り替えや社内から出るゴミの分別化など、さまざまな活動のもと、地球環境の保全に努めています。また2011 年度の環境活動をまとめた「ウッドワン環境レポート 2012」(WEB版)を HPに公開し、さまざまな環境保全への配慮や取り組みとともに、具体的な目標設定と実績をレポートしています。

ウッドワンの品質が国際レベルであることの証明。

「ISO9001」とは、品質管理および品質保証のための国際標準モデルとしてISO( 国際標準化機構) によって制定された国際規格です。ウッドワンは、良質な木材商品を安定的に提供するため、平成12 年12 月に国内全商品生産工場で「ISO9001」を取得。これに続き、設計・工場・物流・管理部門でも取得しました。また、国内外の関連会社においても「ISO9001」を取得しており、素材から製品まで一貫した品質保証体制の向上をめざすとともに、本物の住み心地の良さをご提供します。

森林経営から最終製品まで、一貫した体制を確立。

ニュージーランドの全森林、全工場でFSC の森林管理認証(FM 認証) と加工・流通管理認証(CoC認証) を取得しています。また、国内の木質建材関連工場およびフィリピン、中国の木質建材の加工・流通を行う関連会社においても加工・流通過程の管理認証(CoC 認証) を取得しています。森林経営から最終製品まで一貫した認証製品の出荷体制をグループ内で確立しています。