カテゴリー別アーカイブ: 住宅ローン

変動金利型住宅ローンを改めて確認する。

消費税増税に供ない、皆様の住宅購入に与える影響は大きいですね。             特に住宅ローンの借入金利には、これまで以上に注意を払う必要があると思います。      近年、各金融機関にて色々な商品がある中で、変動金利を選択する住宅ローン利用者が多く見られました。今後の金利上昇のリスクに備え、改めて変動金利の注意点を確認してみましょう。

① 5年間固定される返済額

変動金利は半年ごとに金利が見直される。本来、金利が見直されるたびに返済額が変わるはずだが、金融機関の多くは5年間、返済額を一定にしている。これがいわゆる「5年ルール」です。金利が上昇しようと低下しようと返済額がすぐに変わらない。

② 返済額がアップしても125%まで

5年後に金利が見直される際、返済額がアップしても1.25倍が上限という、いわゆる「125%ルール」がある。一見ありがたいようなルールだが、金利が上昇しても返済額が変わらない、返済額がアップしても1.25倍が限度という事は、返済額に対する利息分の割合が増える仕組みなのです。金利が大幅に上昇したときには返済額がすべて利息分に回されたり、さらに利息が返済額より多くなれば払いきれない利息(未払い利息)が発生したりする。この状態になると、元本はなかなか減らない。

メリット、デメリットがある中で超低金利である変動金利に魅力を感じる方がたくさんいる現状でどうリスクに対応していくかがポイントになると思います。

例えば

続きを読む