消費税率引上げ等のおさらい

大変ご無沙汰しておりました。

みなさんご存知の通り、平成27年(2015)4月に消費税法の一部が改正されました。税率を8%から10%へ引上げるタイミングを、平成29年(2017年)4月1日とし住宅購入を検討している方へ大変大きな影響を与える事になりました。

ここで、新税率適用のタイミングや旧税率が適用される経過措置についてもう一度確認しておきましょう。

消費税の額は、引渡し時点の税率により決定します。住宅は契約から引渡しまで長期間を要する場合が多く、例えば注文住宅であれば数ヶ月かかるのが通常です。一方で、引渡し時期により消費税が変わると安心して契約出来ません。このため、住宅については、半年前の指定日の前日(10%引き上げ時は平成28年9月30日)までに契約したものについては、仮に引渡しが税率引上げの基準日以降になっても、引き上げ前の税率を適用することとされています。

新税率適用のタイミング

※ 住宅については土地は非課税、建物のみ課税対象                      ※ 中古住宅の買取再版は課税対象、個人売買は非課税

 

また、税率の変更に伴い住宅ローン控除やすまい給付金なども連動して控除額や給付額が大幅に変わります。

住宅ローン控除・すまい給付金について

住宅の購入は、なかなか踏み切れずにいる方も多いと思いますが、購入者の内容によってはちょっとしたタイミングのズレにより添付資料のように控除額や給付額が大幅に変わります。なるべく国の制度に購入するタイミングを併せてみると得するかもしれないですね。

購入のタイミングなど、ご相談は是非ミライエへ(笑)