変動金利型住宅ローンを改めて確認する。

消費税増税に供ない、皆様の住宅購入に与える影響は大きいですね。             特に住宅ローンの借入金利には、これまで以上に注意を払う必要があると思います。      近年、各金融機関にて色々な商品がある中で、変動金利を選択する住宅ローン利用者が多く見られました。今後の金利上昇のリスクに備え、改めて変動金利の注意点を確認してみましょう。

① 5年間固定される返済額

変動金利は半年ごとに金利が見直される。本来、金利が見直されるたびに返済額が変わるはずだが、金融機関の多くは5年間、返済額を一定にしている。これがいわゆる「5年ルール」です。金利が上昇しようと低下しようと返済額がすぐに変わらない。

② 返済額がアップしても125%まで

5年後に金利が見直される際、返済額がアップしても1.25倍が上限という、いわゆる「125%ルール」がある。一見ありがたいようなルールだが、金利が上昇しても返済額が変わらない、返済額がアップしても1.25倍が限度という事は、返済額に対する利息分の割合が増える仕組みなのです。金利が大幅に上昇したときには返済額がすべて利息分に回されたり、さらに利息が返済額より多くなれば払いきれない利息(未払い利息)が発生したりする。この状態になると、元本はなかなか減らない。

メリット、デメリットがある中で超低金利である変動金利に魅力を感じる方がたくさんいる現状でどうリスクに対応していくかがポイントになると思います。

例えば

▪️ 余裕のある返済額に設定する。                  

固定金利に比べて返済額が少なくなるため将来の金利上昇リスクに備え始めから余裕を見てお  くと安心です。

▪️ 繰り上げ返済など借入期間を短縮させていく。                      

借入期間は、一度決めると期間延長が難しいため、短い借入期間で設定し、将来、毎月の返済額 が増えたときに対応出来なくなるような無理は禁物です。借入期間は長くても、ライフスタイル に合わせて繰り上げ返済し、結果的に期間短縮できたという計画が良いと思います。

▪️ 貯蓄体質の家計にしていく。

変動金利を選択した事により固定金利との返済額の差を貯蓄して将来のリスクヘッジをするプランや繰り上げ返済し元本を減らす事で、総返済額の上昇を軽減したり、未払い利息を事前に回避さ せるといったプランで対策する。

▪️ミックスローンの利用                                

現在の低金利が魅力的ですが、全額を変動金利で借りると金利上昇へのリスクがそれだけ高くな るので一部を長期固定にする。※ 諸費用が増える事があるので注意

▪️ 金利動向のチェック                                 

日頃から金利をチェックしてタイムリーに動ける準備をしておく

 

などまだまだたくさんリスクを回避する対策があると思いますが、必ず一つ一つにメリット、デメリットがあり正解はミライにあり誰にも分かりません。大事な事は「どちらがお得か」ではなく「どちらが自分に適しているか」という視点でプランニングすると正解かもしれませんね。